浴室・浴槽(お風呂)のリフォーム、景観舗装、屋上・ベランダのFRP防水工事なら、専門のリフォーム会社ポリアートにおまかせください!

駐車場・玄関アプローチのリフォームに

「デコシリーズ」
 

景観舗装材料の世界的なメーカー、コボルストーンペイビング社が開発した 全く新しいリフォーム工法です。仕上りの美しさは写真の通り。 エクステリアの表情が一変することまちがいなしです。 用途に合わせて、デコ・カバー、デコ・スタンプ、デコ・ステンシルの3つの工法が選べます。


「デコ・カバー」とは、既設コンクリートにスプレーを塗布、テーピングないしステンシルを用いて自然石やレンガのテクスチァを再現する工法です。1日の作業で床が生まれ変わります。


まず、下地全体に目地色となる色を施工していきます。
 
目地の形となるマスキング用型紙(ステンシル)を貼り付けた後、上から柄となる色をスプレーで吹き付けていきます。
 
マスキング用型紙(ステンシル)をはがした後、コーティング剤を施工して完成です。地面にはレンガや岩などの自然な風合いが生まれます!

「デコ・ステンシル」とは、コンクリートの打設後まだ柔らかいうちに型紙を敷き、レンガやタイルなどの風合いを出す工法です。工期も短く剛性に富んでいます。


コンクリートが乾かないうちに、マスキング用型紙(ステンシル)を貼り付けていきます。
 
マスキング用型紙(ステンシル)の上から、柄となる部分の色を施工していきます。
 
マスキング用型紙(ステンシル)をはがせば美しい模様があらわれます。デコ・カバーとの違いは、目地がコンクリートそのままである点です。


「デコ・スタンプ」とは、生コンクリートが柔らかいうちに石模様のスタンプを押していく工法です。色、柄ともバリエーションが豊富で、とても印象的に仕上がります。


コンクリートが乾かないうちにカラーパウダーを撒いてコンクリートと一体化させます。
 
リリーサーオイルを塗布します。(オイルはカラーパウダーと違う色なので、スタンプ後のテクスチャを豊かにすることにつながります。)
 
オイル塗布後、好みの形状のスタンプの型を地面に押し付けて、平らなコンクリートの表面に凹凸を付けていきます。



 


デコシリーズは、舗装やコンクリートの打ちっぱなしのような一般的な仕上げと敷石やインターロッキングなどの手間がかかる仕上げの中間というべき舗装工法です。コスト的にも中間的な存在で、インターロッキングほど費用もかかりません。今のお使いの駐車場〜玄関アプローチがどうも味気なくって..というお客様にはとくにお勧めの商品です。弊社では施工見本も用意しておりますので、見本で完成イメージをご確認頂く事も可能です。
 

   
昔から玄関アプローチ部分がコンクリートの打ちっぱなしだったのですが、汚れでひび割れなどで老朽かも目立ってきたため、何かよりリフォームはできないものか..と探していたときにデコシリーズの工法を知りました。施工費用がとても安価なのはうれしい誤算だったのですが、工事方法を聞くと塗装のようなやりかたなので、どれくらい陰影や風合いがでるものかと少し心配していた。しかし、工事が終わってみるとこれもまたうれしい誤算で見事に石畳の玄関アプローチができあがっていました。もちろんよく見ればわからないわけではないんですけど、気にしていなければこれがコンクリートなんて考えもしないと思います。大満足のリフォームでした。